帯屋町ビジョン

OBIYAMACHI VISION

高知市中心市街地における最大の大型LEDビジョン放送

コンパクトシティの高知市における広告・CMのPR効果が抜群の場所

帯屋町商店街2丁目交差点は1日に約2万人の歩行者が通り、南北は約1万台以上の自動車と歩行者が通るエリアです。周辺には役所や学校があり通勤・通学にも利用され、様々な顧客層にリーチすることができます。 更に観光地や再開発エリアに分布しており、土日祝日は観光客にもPRできます。

オンライン広告全盛時代になぜ?

屋外広告はWEB、SNS、TVとも連携でき販促やブランディングに活用できる!

マス媒体のテレビ・新聞・雑誌・ラジオの広告売上高が縮小しWeb広告が伸びる中、屋外広告の広告費は全国的に増加傾向にあります。 日常生活において生活者が移動や外出中に接触する媒体として他のメディアに比べ、通勤や通学、ショッピングなどの「生活動線上での強制視認性」が高く反復訴求の期待ができます。そういった理由からもメモリー効果が高くエリアマーケティングには欠かせない媒体として注目されています。信号で約60秒間、止まった状態の通行人に閲覧される「帯屋町ビジョン」はコンパクトシティの高知市における中心商店街では抜群の力を発揮します。HPやSNSへ誘導する映像を流すことで「デジタルへのつなぎ役」としても活用できます。

広告の専門家が推奨する場所!

[設置場所の交通調査]

高知市の帯屋町商店街は1日に1万人以上の歩行者が通り(高知県商店街振興組合連合会:H29年冬期商店街歩行者通行量調査AM10:00~PM6:00)南北の中ノ橋通りがある16号線は1日に12,387台の自動車・バスなど(国土交通省道路局:高知自動車類交通量調査)に加え歩行者が通る高知で屈指の通行量を誇ります。 平均すると月に60万人が通過する計算になります。今後、再開発することが決まっており地元住人に加え観光客の利用も期待でき、あらゆる職業や年齢の方に広告などの情報を訴求するのにふさわしい場所となっていきます。 周辺の集客力のある施設として高知城(26万人/年)、高知城歴史博物館(20万人/年)、ひろめ市場(平日1万人/日、休日3~5万人)、日曜市(日曜1.5万人/日)、新図書館複合施設「オーテピア」(100万人/年)があり今後より一層賑やかな場所に変化していくエリアで、広告や広報の専門家も推奨する場所・媒体として認知されています。

【地域に役立つ情報を放送】 天気予報やニュースの他に、自治体からの防災情報や災害時の情報などを放映。

放送回数と料金について

お問い合わせはこちらのフォームより承ります。追って弊社担当者からご連絡させていただきます。 ※土曜・日曜・祝日前後のご質問の場合は、回答にお時間をいただく場合がございますのでご了承ください。(広告代理店様向けオプションなどございます)

【 通行者に対して信号待ち(約1分)足を止めた状態で情報を届けることができます 】

Branding

企業のブランディングや

将来のリクルートを意識した採用動画など

event

コマーシャルの放送をはじめ、イベント告知や

新商品の認知UPの場として

product

商品の具体的な説明動画で購買につなげたり、自社WEBサイトへの誘導として

NEWS

地域のニュースや災害情報なども放映することで商店街の活性化や地域への貢献を目指します。

【帯屋町ビジョン設置場所】ほにやビル周辺の交通調査データ

【帯屋町ビジョン】GoogleMAP

■帯屋町ビジョン「放送取扱基準」について
◎料金表には消費税は含まれておりません。 ◎1回の放送は15秒が基本となります。30秒の場合は回数が半分となります。放映時間帯は7:30〜21:30(14時間)になります。6〜8月はサマータイム期間となり22時までの放映時間となります。  ◎放送用の素材は、データ(MOV、MP4等)をメールにてお送りください。※データ形式については、変換料が必要になる場合がありますので事前にお問い合わせください。(素材は放映日の7日前までにお送りください。)  ◎放映のお申し込みに関して、広告枠の指定のご確認をした後、放映申込書、もしくは内容を記載したメールをお送りください。  ◎テナントと競合する企業及び業種の一部が放映不可の場合がございます。  ◎万一、放映を中止する際は事前に広告主様にご連絡を差し上げております。また放映回数につきましては日時繰り越し放映の対応をさせて頂いておりますので、予めご了承下さい。  ◎放映保証回数は「月間平均放映回数」の90%を保証いたします。  ◎番組編成上、放映タイミングは変動する場合がございます。  ◎年間契約など、長期ご契約の法人さまの支払い方法につきましてはご相談を承っておりますので、お問い合わせください。  ◎災害時などの緊急時は、災害情報を優先して放送します。

■帯屋町ビジョン「放送取扱基準」放送における禁止事項について
次の各項に該当する広告は実施できません。 1.責任の所在が不明確なもの 2.内容、目的が不明確なもの 3.関係諸法規に違反、またはその恐れがあるもの 4.虚偽、誇大、または不正確で誤認を与える恐れのあるもの 5.自己の優位性を強調するために、ほかを引き合いに出す広告で不適当な表現のもの 6.人種、民族、身分・地位、地域、職業、性別、病気・障害などについて差別するものや、プライバシーの侵害、セクシュアルハラスメントなど、人権を侵害する恐れのあるもの 7.他者の名誉を棄損、あるいは中傷・誹謗する恐れのあるもの 8.信用棄損、業務妨害などの恐れのあるもの 9.反社会的、非道徳的な内容で社会秩序を乱す恐れのあるもの 10.詐欺的なもの、またはいわゆる不良商法と見なされるもの 11.非科学的、または迷信に類するもので、来街者を惑わせたり、不安を与える恐れのあるもの 12.他者の名義、写真、談話および商標、シンボルマーク、著作物、特許権などを無断で使用したもの 13.投機、射幸心などを著しくあおる恐れのあるもの 14.青少年の健全な育成を妨げる恐れのあるもの 15.裁判中、係争中または将来係争に発展する可能性があり、争点そのものに関連すると当社が判断するもの 16.当社の社会的評価、当施設の品位を低下させると思われるもの 17.事実に反して、当社が広告主を支持、またはその商品、サービスなどを推奨あるいは保証しているかのような表現のもの 18.広告の実施によって、当社が不利益を被る恐れがあるもの 19.広告主が暴力団、暴力関係企業もしくはこれらに準ずるものまたはその構成員(以下「反社会的勢力」といいます)であるもの 20.反社会的勢力の活動を助長し、または反社会的勢力の運営に資する恐れのあるもの 21.そのほか当社が不適当と認めたもの

© 2015 by  Arigato Design Consulting    株式会社アリガトウデザインコンサルティング    ADC Co., Ltd.