Produce

僕らの日曜市プロジェクト​



高齢化率が全国で2位という高知県。 古くから代々伝わる日曜市にも、高齢化の波が押し寄せています。 私たちは、これからの日曜市を若者の力でもっと盛り上げて いきたいという思いから、プロジェクトを発足しました。 高知出身の若者をはじめ、高知の魅力に惹かれて移り住んだ 若い移住者らがプロジェクトメンバーとなり、 県産物を使ったオリジナル商品を展開していきます。



日本最大の“マルシェ”「日曜市」とは 

「日曜市」とは、高知城下の目抜き通り「追手筋」に、毎週日曜日の早朝から夕方までたつ、日本最大の街路市。

はじまりは元禄3(1690)年と、300年以上もの歴史を誇ります。朝採れの新鮮な野菜や果物をはじめ、干物や漬け物、さらには植木や打ち刃物、骨董……と、

約500店舗が自慢の品を並べ、軒を連ねます。その長さ、なんと1300メートル。

「こじゃんとおいしいで」「うちでは、こうやって食べゆうよ」「これ、おまけしちゃおきね」――

元気いっぱいのおばちゃん達とおしゃべりしながらの買い物もまた、南国土佐ならでは。

太陽の光をたっぷり浴びて、すくすく育った作物は、とにかく新鮮で良心価格なのが嬉しい。気付けば、両腕にぶら下がった買い物袋には、土佐の恵みがぎっしり。

「帰ったら、あのおばちゃんに教わった食べ方で食べてみよう」。帰り際には、気持ちもウキウキ、ほくほく。人のぬくもりにあふれた、高知自慢の市です。






【高知】日本一の街路市に出店!食べて美味しい飲んで爽やか「土佐ポンチ」をどうぞ!

© 2015 by  Arigato Design Consulting    株式会社アリガトウデザインコンサルティング    ADC Co., Ltd.